自動車自動運転化について

将来の日本の自動車事情

近年、自動運転自動車が各メーカーにて開発されつつありますね。実際に市販化されるのは 10年とか 先なるようですが、テスト段階では高速道路や一部一般道路でも問題なく走行しているらしいですね。

確かに今後の高齢化や地方の過疎化に伴い自分でもう運転をすることが出来ない田舎のお年寄りなどが病院へ行ったりする場合に便利ですね。

自動運転により車が普及してくると、今までの人が運転する車と一緒に一般道路を走行しますが、自動運転車は安全優先のため、なかなか人の運転の車とタイミングと合わせることが出来ずスローな動作になるでしょうね。つまり今より車の流れが阻害されるのではないでしょうか。もちろん高速道路のような一方方向のみに進む場合はそういったことはないでしょうが、人間の方が自動運転の車になれるのにかなりの慣れが必要になるのではないでしょうか。

道路上のすべての車が一度に自動運転化されれば事故はないでしょうが、やはり人間が人力で運転する車が道路を走っている以上は事故は減らないのではないのでしょうか。

法人の車の自動運転化は企業にとってかなり魅力ですよね。まず運転手の人件費が大幅に減りますよね。輸送には大きな変革をもたらすでしょうね。自動車事故も減れば法人自動車保険料も減り法人にとってもいいことではないでしょうか。

本年 2015年もお世話になりました。また来年もよろしくお願い申し上げます。

その他の事故事例と過失については こちら からご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました