あいおいニッセイ同和損保が提供します先進的な自動車保険サービスのご案内

皆様の車にはドライブレコーダーがついておりますでしょうか。

先日の常磐自動車道によるあおり運転でかなり注目されたドライブレコーダーではありますが、まだまだドライブレコーダーがついておられないお車も多くあるそうです。 

チェット古いデータですが ドライブレコーダー加入率 by yahoo

本日はあいおい損害保険より発売されております自動車保険に特約としてドライブレコーダーを設置することによりいろいろなサービスが受けられる「ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約」 ご案内いたします。 *簡単に言いますとドラレコ装置のご案内をいたします。

あいおい損保のドライブレコーダー

ドライブレコーダーによる安全運転のサポート

安全運転支援アラート 

皆様が運転中に車線の逸脱や日常的に使用しない道路の走行に対して注意喚起するアラートをご提供いたします。これにより事故防止のサポートになり ます。
これにつきましては結構な頻度で注意喚起アラートが流れてきます。少し煩わしいと感じます方はボリュームを下げるか0にされますことでアラート音が気にならなくなりますが、安全運転をするという観点からアラームが流れる方が好ましいでしょうか。

また、その他に速度超過や急加速・急減速や事故多発地点への急接近など多様なアラートもご用意いたしております。

運転診断レポート

また 速度超過や急加速・急減速 の発生回数の運転傾向に加えて安全運転支援アラートの配信状況等について1回の運転ごとまたは1か月ごとに運転診断結果としてレポートを提供します。

運転データの分析結果を点数で表示してご自身の運転のスキルを客観的に見ることができます。なお、これはパソコン・スマートフォンから確認することができます 。
私も定期的に確認して自分の運転を反省反省

ドライブレコーダーによる事故の第一報のお知らせ

緊急連絡メール

事故時に事故緊急自動通報サービスの安否確認コールがドライブレコーダーより行われた場合はメールにて怪我や搬送の有無をご連絡します。
私は他社の保険会社のドラレコを使用中ガードレールに接触しましたが事故緊急通報サービスは作動しませんでした。これは自動車自体にはかなりの衝撃を受けましたが、自動車のサイドをこすったためにドライブレコーダー自体に衝撃を感知しなかったため作動しなかったらしいです。
直線的な事故はドラレコに衝撃を受け感知しやすいらしいですが斜めの衝撃などはショックが逃げやすいのか感知しない場合もありますのでご注意ください。

見守りレポートのご提供

高齢者ドライブあらかじめ指定した連絡先に、各種アラートの発生時刻や場所等に加えて、1か月ごとに作成される見守りレポートをスマートフォン等へ通知・共有するサービスをご提供します。
高齢の方はご家族などのスマートフォンーを登録しておくとご家族にメールが行くので安心ですね。

ドライブレコーダーによる事故映像を活用した高度な事故対応

ドライブレコーダーが大きな衝撃を感知すると自動的にコールセンターへ通報が行きます。専任のオペレーターがドライブレコーダーを通じて安否確認コールを行います。
そして事故直後の初期対応に必要なアドバイスや車のレッカー検索・搬送の手配等事故で不安を抱えるお客様を迅速かつ的確にサポートしたします。
やはり事故は現場での対応が不安ですね。ましてや大きな事故で自分で連絡ができない状態やましてや命の危機がある状態では自分ではいかんともしがたいですね。
そのような時、専任のオペレータがドライブレコーダーから安否確認など最悪救急車の手配までしてくれます。

ドライブレコーダーによる事故の解決に事故映像を活用

ドライブレコーダーが大きな衝撃を感知すると事故の映像が自動的にあいおい損害保険に送信されます。事故内容によっては事故状況に関するお客様のご説明の負担を軽減します 。
なんといっても事故は証拠がすべて。事故時のまさにその写真があれば事故解決の対応に非常に役立ちます。事故が起きてから車を動かして事故写真をスマートフォンで写している方もいますが非常に危険です。そして何より事故のその瞬間ではないですよね。

まとめ

  • このドレイブレコーダーをセットする特約は月々たったの850円です。
  • カーショップなどで販売されているドライブレコーダーはお値段は数千円から売っておりますが、保険会社の提供しているドライブレコーダーとは機能が全く異なります。ドライブレコーダーと保険会社が通信できる機能はありません。
  • 今回のご説明は個人のお車を対象にしたものです。法人用のドライブレコーダーのご用意もございます。
  • なおこのブログはあくまで簡単なご説明ですので詳細はあいおいニッセイ同和損保のサイトをご確認ください。