横断歩道の歩行者と車

横断歩道を横断中の歩行者と車両の事故

上記の場合は問題なく車両側の 100%の過失ですね。

歩行者が青信号で横断中は途中で黄色信号になったり、ふらふら歩いていたり、後退したりしても車両は赤信号の時、停止線を越えて進行してはならないという絶対原則があるので、仮に歩行者側に左右確認がなかったとしても歩行者側に過失相殺するべきではないでしょう。

その他の事故事例と過失については こちら からご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました