高速自動車事故でエライ迷惑でした。

高速道路の事故は本当に迷惑ですね。法人自動車のご担当者様も大変。

先日 10月 10日ゴルフコンペのため愛妻を乗せ、茨城県の玉造カントリーに 9時ごろ着を予定し自宅を 7時過ぎに出発。外環の南三郷から常磐道に乗る予定で爽快に走っていたところ、電光掲示板に何やら意味不明の文字「柏から先通行止め」のような意味。朝早いためすぐに理解できず数秒間時間を要しました。

「事故だな。ま、すぐに処理が終わってチンタラだけど進むかな。」「何やら大変な事故かな」など考えているうちに常磐道のインターにさしかかり、まったく東北自動車道へ回るということが考えられませんでした。ましてや首都高速から京葉道路に回り東関東道などは思いもよりませんでした。常磐道に入り電光掲示板を半信半疑で見ながら進んでいくと三郷料金所前から間違いなく渋滞が始まりました。料金所を超し「これはダメだな」と思い流山で降りようとしましたが全然進まづ、もう半分アキラメ。

この時すでに怒りに近いものを感じ「どうせたまの運転でスピードの出しすぎのベンツの親父がおかまでも掘ったか」と考えながら野田に向かう田舎の一本道を必死にカーナビをにらみながら進んでいくうちに、「これでは全く霞ヶ浦方面と方向が違う」と感じ、6号線に戻るのがベストと考え 6号線に向かいました。ところが街中はどこもまったくの大渋滞。全然進まず 90%アキラメ。

コンビニに立ち寄り用を足すと帰ることに決定。もうすでに 10時ですからね。

そのまま流山から常磐道に乗り自宅に帰ったのが 11時。虚脱感とはあの事を言うのでしょうか。

10月 10日常磐自動車道事故

この事故でトラックの運転手さんが亡くなったとのことで本当にお気の毒でございます。

詳細は不明ですが単独事故で高速道路上に横転したワゴン車に追突をしたらしいですね。この場合追い越し車線でぶつかったように写真が写っていますので横転しましたワゴン車の運転手の過失も避けられないですね。自動車保険に加入をしていなかったら損害の支払いは大変ですよね。

なんといってもこのような高速道路上での事故で全面ストップということななればその道路を使っている沿線の会社様の経済損失は恐ろしいですね。法人自動車のご担当者様も納品時間を守るため大変ですね。沿線上のゴルフ場の損失も莫大だと想像します。

これからは高速道路に乗る際はスマホで道路の事故状況などは必ず確認することとします。

その他の事故事例と過失については こちら からご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました